ファクタリングという事業資金調達法

ファクタリングという事業資金調達法のことはご存知でしょうか?

通常、事業資金を調達する時には銀行を始めとした金融機関からの融資や借入、手形の割引などを真っ先に考えるでしょう。

しかし銀行からの融資を受けるには経営状態が良好なことや担保や保証人が必要です。本当のところ、借入したい時というのは経営状態が停滞していたり下降気味であったりするものです。

また担保や保証人が都合できるのであれば資金調達で頭を悩ませることもないでしょう。

赤字決済や止むを得ず税金を滞納してしまっている時こそお金が必要なのです。

そんな時に便利なのがファクタリングという資金調達方法です。

ファクタリングというのは売掛債権をファクタリング会社に手数料を差し引いて買い取ってもらい、翌月や翌々月に入金予定だったものを、期日前に現金化することをいいます。

借金をするわけではないので返済義務はなく、もちろん金利を支払うこともありません。

リスケ中であったり税金の滞納があったり担保や保証人の都合がつかず銀行から融資を受けられないような状況でも売掛金さえあればほとんどの場合、現金を調達できるというメリットがあります。

また借入ではないためバランスシートのスリム化にもつながり、キャッシュフローの改善にも役立ちます。

デメリットとしては売掛金(売掛債権)を売却したということが取引先やその他に知られた場合、経営状態が悪化しているのではないかという風評被害を受けることがあります。

また当初予定していた期日に入金がなくなるため、経営内容の見直しや、節約していくことが必要となります。

今現在、ファクタリングを扱っている会社は東京に集中しているため利用するためには遠方まで足を運ばなければならない可能性があります。

電話やメールのやり取りだけで契約してくれるところもありますが、悪徳業者でないことを確認しずらいため、初めて利用する時には注意する必要があります。

借入の審査に落ちたりローンブラックでもほとんどの場合、売掛債権があれば利用することができます。審査は売掛先企業と売掛債権が主ですから、融資を断られていても諦めないでファクタリング会社に相談してみることをおすすめします。

ファクタリングについて詳しい情報を紹介しているサイトはこちらにあります。

ファクタリングによる資金調達と会社選びのポイント
URL:http://returntoearthmusic.com/

コメントは受け付けていません。.