低金利の融資を受ける場合は銀行が最適

融資を行っている金融業者には消費者金融やクレジットカードなどの信販系、銀行などがあります。銀行系のキャッシング会社は、他のキャッシング会社よりも低金利で融資を行っていることが多いようです。銀行以外の金融会社は、審査の基準があまり厳しくないですが、それだけに貸し倒れを警戒して、金利を高く設定しているようです。そのため、上限金利を法律で認められている範囲の最大のものを適用することで、貸し倒れによる損失の備えとしています。審査をきつめにして、確実な返済が期待できる人にだけ貸すことで、銀行は低金利で貸し付けができています。銀行系のキャッシングで、金利が高めに設定されている場合は、収入が少ないなどの例外があるような場合です。融資の限度額と金利の関係も見逃せない点なので、融資を受ける際にはしっかり確認しておきましょう。貸し付け上限については、消費者金融会社の中には高めなところもありますが、総量規制によって年収の1/3までと決まっているので、そこまで高額の融資ができません。貸付金額が法律によって頭打ちの状態になっていますので、金利を低く設定する余地がないこともあります。銀行であれば総量規制の対象外であるため、年収の3分の1を超える限度額を適用でき、金利を下げやすくなっています。銀行から融資を受けることができれば、低金利での借り入れを期待することができます。この頃は、銀行からのキャッシングでも申込み当日に審査結果が出ることがあり、以前のように銀行は審査期間が長いとは言い切れなくなっています。

コメントは受け付けていません。.