個人で事業融資を受ける時の審査基準について

銀行からの融資を希望しても、個人を対象とした銀行からの融資は審査に通りにくいといいます。新しい事業を始める時には、ある程度の資金が必要です。しかし、個人が大きなお金を調達することは、簡単ではありません。新しく仕事をスタートしたいという時に、銀行から融資を受けることが可能なら、運転資金として十分なお金を用意することが可能です。ただ、銀行の審査は時間がかかる上、ハードルが高く設定されていますので、個人が融資を受けたいと言っても、OKが出るとは限りません。すでに成功した実績のある人や、同じ会社の中で新しい事業や施設の新設等による融資の場合には、比較的審査に通りやすくなっています。0からスタートするという人が、銀行から融資を受けたいと言っても、審査の段階で断られてしまうでしょう。どうして、個人が銀行への資金を求めても、銀行は貸し付けを許可してくれないのでしょう。銀行は、融資を行うに際して、審査によって申し込み者の返済能力を調べます。根拠となるものは職業や、収入、勤続年数などです。安定した収入とは、毎月一定の収入があるかという点です。年収が高くても、月ごとの収入が乱高下している場合は、高く評価はされません。たとえ、群を抜いて高い収入がある人でも、来月から収入が途絶えるかもしれない不安定な仕事をしているなら、銀行の審査ではいい結果が得られません。収入があまり多くなくても会社の役員をしている人は審査に通るケースもあり、社会的地位や人物評価も重要な審査項目となっていると考えられます。銀行に個人で融資を受けるためには、収入以外にも、仕事で成功している実績や地位などが重視されます。

コメントは受け付けていません。.